赤峰勝人講演会 プレイベントを行いました。

2015年1月13日 11:00 あがり框にて2/1の講演会のプレイベントを行いました。

赤峰さんのDVDを1時間見た後に、グループに別れ、DVDの感想と、食と農について、未来へのメッセージを話し合いました。

大変盛り上がり、最後まで残っていた人は何と16時まで、熱心に意見交換をしていました。

本イベントが楽しみです(^O^)

e38397e383ace382a4e38399e383b3e38388

No comment »

赤峰勝人講演会&トークセッション~土づくりから見た、食べることと、生きること~

2015/2/1(日)
13:30~17:50
とかちプラザレインボーホール

前売り¥1,000- (席数に限りがありますので前売り券をお買い求め下さい。)

お問合せ先:とかち晴れPJ事務局 0155-28-3220 デジタルグラフィックス内 河村まで



農薬障害と土壌劣化、
満身創痍の苦闘の果てに、
常識の殻を破った男、
九州農民、赤峰勝人が訴える。
新しい農業と食の理想。

その理想に向けての彼の実践の中に、
我々北海道の未来のヒントが在る。

講師紹介
赤峰 勝人
大分県臼杵市にて、無農薬・無化学肥料で農業を40数年前から実践している。ニンジン栽培をきっかけに、土と生き物についての新たな発想をつかむ。
「ニンジンから宇宙へ」「アトピーは自然からのメッセージ」
「循環農法」「オレンジページムック 百姓赤峰勝人の野菜ごはん」の著者。
農事組合法人赤峰農場、なずなの会を主宰する。
臼杵市には全国から農業研修、健康回復のための農作業と食事療法を求めて多くの人が集まる。
http://www.nazunanokai.com/akamine.html

■■お母さんに知っていて欲しい■■
子供の体をつくる食べ物について。
子供が生きる未来について。
お母さんが気付けば未来が変わる。
1本のニンジンから、
命の循環に気づいた男が熱く語る。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


当日スケジュール
第1部 赤峰 勝人講演会
13:15 開場
13:30 開演 赤峰勝人講演会
16:10 休憩
☑農業を営んでいる方。
☑美味しい物好きの方。
☑アレルギーや健康でお悩みの方。
☑お子さんがいる方。
☑楽しい生き方を追求している方。

土と身体は繋がっている。
食べる事は生きる事。
循環の法則による土づくりの秘訣!
元気で楽しく生きる秘訣!

第2部 トークセッション
16:20 トークセッション開始

赤峰 勝人氏 なずなの会
大分で循環農法を実践。

折笠 健氏 ㈱折笠農場
有機JAS管理の自然栽培と
特別栽培農産物で営農

渡辺 文子氏 サロン「縁が和」
7年前の赤峰さんの講演会を聞いて、
食事を変えた。現在、食を中心とした
子育てサロンを主宰

原 大知氏 原農場
新規就農一年目。有機農法で蕎麦を栽培

内海 絵里氏 ㈲内海ファーム
漢方と食事で、子どもの乳幼児湿疹を治す。
酪農家の若妻。

17:50 トークセッション終了
18:30 ホワイエにて、懇親会(希望者のみ・会費別途)
20:30 終了

お子様連れの方へ
託児をご用意してあります。(要予約)
またレインボーホールには親子室があります。
スペースに限りがありますが、どうぞご利用下さい。

主催:北海道なずなの会 とかち晴れプロジェクト実行委員会 共催:(社)北海道中小企業家同友会とかち支部 農経部会・十勝毎日新聞社

後援:帯広市教育委員会・北海道新聞社・OCTV・FM-JAGA・FM-WING・ぷれいおん とかち

チケット取扱い、ザ・本屋さん各店 喜久屋書店、ナチュラルココ各店、ぷれいおんとかち

チラシPDF

No comment »

第3回夏至オーガニックフェスティバル

夏至オーガニックフェスティバルが大盛況のうちに終了しました。

第3回夏至オーガニックフェスティバル

バター作り体験やそば打ち体験、カイロやヨガ、火おこし、星空ウォッチングなどの体験や、オーガニックな食を大自然の中で満喫!ライブも最高に盛り上がりました。
夜遅くまで語らいのある、本当の祭りらしいお祭りだったと思います。

No comment »

有機、オーガニック運動推進のための夏至オーガニック・フェスティバル

バイオダイナミック農法でおなじみにキャンベル夫妻が本別に引っ越して初めての夏至オーガニックフェスティバルを開催します。

お誘い合わせの上、ご来場下さい。

 自然界との繋がりをもった生き方が環境にも人間にも社会にも一番よい生き方と考え、一年の大きな節目である夏至を祝います。フードマイレージの観点から地元の有機農家を知り、地元を大切にすることが人類の未来にとって大切です。
今世界で起こっているオーガニックムーブメント「Think global, Act local」は、社会、環境、こどもの教育、経済、など将来に向けて欠かせないムーブメント(考え方)だと考え、ここ十勝から発信していきたいと思っています。

開催日時  2010年6月19日(土)10時~20日(日)16時

開催場所  中川郡本別町西美里別707-1 生活学校バイオダイナミック・ファーム

参加費   大人 前売1500円、当日2000円 学生 前売1000円 当日1500円 (2日間有効)

参加対象  一般

主  催  夏至オーガニックフェスティバル実行委員会(十勝有機ネットワーク)

問合せ先  0156-24-9111 生活学校バイオダイナミックファーム

内容

・石釜で焼く天然酵母、オーガニック素材のパン作りワークショップ
 すべての素材をオーガニックな素材を使い、時間をかけてじっくり作るパン教室です。
 火を焚き石釜のブロックをじっくり暖めること、そして酵母を起し発酵をじっくりと待って2つのタイミングをはかりながら作り進めることで、自然のありかたを聞くパン作りが体験できると思います。
・英語でガーデニング(地水火風)
 英語のリスニングをしながら12星座がどのように私たちに関わっているか、4つのエレメント(地水火風)がどのように働いているかを身体を動かしながらするガーデニング講座です。
・ナイトウオーク&星空観察と星のお話
 普段歩くことのない真っ暗闇の山道を月と星の光で歩き、満天の空が見える広場では銀河の森天文台主任筧さんと一緒に実際の星を見てお話を聞きます。(雨天の場合は屋内でスクリーンの星を見ながらのお話となります。)
・その他環境問題を考えての取組み
 自然に近くなるテント泊ができ、普段じっくりと話せないオーガニックな人々との交流も楽しんでいただけます。また、エコを考えてのマイカップ運動、水を考えてエコ食器洗い、コンポストトイレ、リサイクル、リユースなど細部にわた
って環境を考えた取組みとなっています。

その他、スケジュールは別紙、出店、アトラクションなどはチラシをご照覧下さい。

19日のスケジュール

10:00~   オープニング挨拶、夏至の話と音楽 by Ben Campbell &このみキャンベル
11:00~   出店オープン、演奏始まる、DVD上映始まる
12:00頃    焼きたて石釜焼オーガニック・フェカッチャ販売!
13:30~14:30 そば打ち体験ワークショップ(限定2名まで)
13:00~15:00 パン作りワークショップ(1)ベーグル焼き、酵母作り by 大野ミカ
       (限定5名まで 2日間コース)
14:00~16:00 バイオダイナミック堆肥作りワークショップ by Ben Campbell
16:00~18:00 バイオダイナミック調剤散布体験 by Ben Campbell
16:30~17:30 そば打ち体験ワークショップ(限定2名まで)
18:00~    平飼い赤鶏のスープ粥サービス
18:30~    有機農家 薮田さん(愛国)のお話(DVD上映会場にて)
19:30~    有機農家 森さん(幕別千住)のお話(DVD上映会場にて)
21:30~    薮田さん&森さんと七輪を囲んで熱く語らう
20:30~22:30  ナイトウオーク&星空観察by筧さん 陸別銀河の森天文台主任
22:00~    放牧豚の半身焼きスタート(次の日の昼まで)

20日のスケジュール

4:00頃?   日の出ツアー
7:00~ 8:00  パン作りワークショップ(2)ベーカリー火入れ by Trevor Read
9:00~10:30  英語でガーデニング by Trevor Read
10:30~11:30  そば打ち体験ワークショップ(限定2名まで)
10:00~12:00  パン作りワークショップ(3)丸パンを焼く  by 大野ミカ
11:30頃~   放牧豚の半身焼きサービス
13:00~14:00  そば打ち体験ワークショップ(限定2名まで)
16:00      終了

※ステージのスケジュールはまだ決まっておりません。

19日は11時頃から21時頃まで、20日は10時頃から16時まで、ロック、カントリー、フォーク、アイヌ音楽、日本舞踊などさまざま行われている予定です。

ssof2010-clrd-a5 ssof-2010-back-clrd-a5

Comments (2) »

有機農産物販売所マップを更新

No comment »

『おむかえまるしぇ』はじまりました。

『おむかえまるしぇ』は、生産者の方々で実行委員会を作り、
保育園・幼稚園のおむかえの時間に合わせて産直市場を開催する企画です。
『おむかえまるしぇ』、安心安全な地産地消の推進を目的としています。

『おむかえまるしぇ』では、地場産の新鮮野菜や手作り加工品などを
生産者が直接販売します。
顔を見て、話をして、楽しく交流しませんか?


お近くの幼稚園にぜひ買い物に行ってみてください。
毎週金曜日、帯広市内のどこかの保育園・幼稚園で開催されています。
すでに第1回目は先日スタートし、
ご近所の方々もお買い物に来てくれて、大盛況でした。

金曜日の午後は、『おむかえまるしぇ』へ!


日程や場所、生産者の方々(トマトチームとポテトチーム)を以下に紹介します。


☆第1金曜日 13:30~14:30  7/3 9/4 10/4 (8/7はお休み)
第2ひまわり幼稚園(トマトチーム)
ひまわり幼稚園(ポテトチーム)

☆第2金曜日 16:30~18:00  7/10 9/11 10/9 (8/14はお休み)
みのり幼稚園(トマトチーム)
あじさい保育園(ポテトチーム)

☆第3金曜日 13:30~14:30  6/19 7/17 8/21 9/18 10/16
ひまわり幼稚園(トマトチーム)
第2ひまわり幼稚園(ポテトチーム)

☆第4金曜日 16:30~18:00  6/26 7/24 8/28 9/25 10/23
あじさい保育園(トマトチーム)
みのり保育園(ポテトチーム)


<出店者紹介>

☆トマトチーム☆
・小さな小さな小畑農場(帯広市)  野菜(有機栽培・農薬・化学肥料を使っていません)
・王バイオダイナミックフィーム(更別村) 野菜、卵など(農薬・化学肥料を使っていません)
・小野寺農場(帯広市)  ベリー類、野菜(農薬・化学肥料を使っていません)
・みちした農場(帯広市)  野菜(農薬・化学肥料を使っていません)
・本別町観光協会(本別町)  豆腐、豆製品など(予約販売)

☆ポテトチーム☆
・外山農場(帯広市)  野菜、ドン菓子、自家製なたね油など
・平賀元蔵(新得町)  野菜(農薬・化学肥料を使っていません)
・明子の農場(帯広市)  野菜(農薬・化学肥料を使っていません)
・石橋農場(新得町)  原木しいたけ、野菜(農薬・化学肥料を使っていません)
・江平さん(新得町)  山菜など
・自然菜園ふたば(清水町)  野菜(農薬・化学肥料を使っていません)
・山崎自然農園(浦幌町)  有精卵、野菜(農薬・化学肥料を使っていません)


<開催場所のご案内>
ひまわり幼稚園   帯広市西12条南30丁目
第2ひまわり幼稚園  帯広市西15条南41丁目
みのり保育園    帯広市西22条南4丁目
あじさい保育園   帯広市東9条南19丁目


<お問い合わせ先>
おむかえまるしぇ実行委員会 事務局 坂本芳美
0155-33-4405   090-9087-7438

右から、石橋農場、自然菜園ふたば、山崎自然農園

第二ひまわり幼稚園での様子 



左から、石橋農場、自然菜園ふたば、山崎自然農園

大賑わいでした。

大賑わいでした。

No comment »

「幸せなお産」が日本を変える!!の講演会のお知らせ

なずなの会北海道支部から「お産の家」の吉村先生が札幌で講演しますと言うインフォメーションを頂きました。
赤峰さんの話の中にも何度か登場してきた、自然なお産のお話です。とかち晴れプロジェクトに関心を持っている方なら、きっと食と農と健康がこの様なお産の話の中にも繋がりがあると感じられると思います。
是非、参加してみてはいかがでしょうか。

2009年度 天使大学大学院助産研究科 公開講座

「幸せなお産」が日本を変える!!

講師:吉村 正 先生(吉村医院・お産の家院長)

ご案内

吉村正先生は、愛知県岡崎市で1961年より48年間にわたり、2万人以上のお産に取り組み、産院の裏庭に江戸時代の茅葺き民家を移築し、そこで安産のために、妊婦さんに薪割など「古典的労働」をすすめ、年間300人以上の方がお産をされています。1999年には日本の伝統的な様式で「お産の家」を建築、和室で自然なままのお産を行って、現在も現役でご活躍されています。また、全国各地で後援会を精力的に実施されています。
今回、ご多忙な吉村正先生をお迎えし、お話しを伺う機会を設けることが出来ました。多くの皆様のご参加を、心よりお待ちいたしております。

プログラム

講演(120分):13:15~15:35

休憩15分

質疑応答(30分):15:50~16:20

日時:平成21年8月29日(土)13:30~16:30

会場:天使大学 7405講義室

札幌市東区北13条東3丁目(地下鉄東豊線、北13条東駅下車徒歩3分)
※駐車スペースは、ございませんので、公的交通機関をご利用下さいませ。

参加費:実習施設の方は無料です。その他の方は500円です。
お申し込み方法:FAXにてお名前、参加希望人数、所属を下記までお送り下さい。
FAX:天使大学総務課(011-741-1077)
※準備の都合上、お子様連れの方は、お子様の年齢、性別も添えてお申し込み下さい。
なお、お子様の好きな、静かに遊べる玩具や本があれば、お持ち下さい。

お問い合わせ:天使大学総務課(011-741-1051)
主催:天使大学大学院助産研究科 学術振興・公開講座委員会

tirashi

No comment »

赤峰勝人講演会 ご報告【速報】

3/8日に行われた赤峰勝人講演会&赤峰流料理体験会の報告です。

料理体験会では玄米ご飯の炊き方や、ごま塩の作り方、赤峰さんの人参ジュースや大分の味団子汁等のメニューを赤峰さんより説明を受けながら作って食べてみました。

シンプルな味付けなのに、美味しいと好評でした。人参と里芋は赤峰さんの畑の物を使用しましたが、地元の食材でも対応できるレシピでしたので、今後の参考にして頂けるのでは無いかと思います。

赤峰流料理体験会
完成した料理
美味しい
講演会の参加者数は、まだ正確な数字は出ていませんが、280席用意したイスがほぼ埋まりました。

講演中の赤峰さん
今年は札幌や北見など遠方からご来場いただいた方も多く、感謝しております。

講演の様子
食と健康と農業に関心の高い人がますます増えていく様な気運を感じた講演会でした。

ご参加いただいた皆さん、実行委員会の皆さん、協力していただいた皆さん、そして赤峰さん、本当にありがとうございました。

Comments (1) »

関川教授のアドバイスを頂きました。

本日は昨年の食と健康・農業フォーラムのシンポジュームの司会で大変お世話になった、帯広畜産大学地域共同研究センターのセンター長、関川教授の所に実行委員のメンバー6名で伺い、とかち晴れプロジェクトについてアドバイスを頂きました。

いつも同じ実行委員のメンバーだけでは気づくことの出来ない事等について、関川教授から違った視点で意見を頂くことが目的でした。

帯広畜産大学地域共同研究センターでの一コマ
頂いたアドバイスは以下の通り。

1.実行委員のメンバーが講演会の成功と言う目的だけの遂行の為に集まっているのでは無いはず。講演会に関わる事によって伝えたいそれぞれの思いを今後、どの様に活動で表現していくかが重要。その為の具体的な計画作りを進めていかなければならない。

2.実行委員会のメンバーが自分たちで普段の食生活のメモを付けてみてはどうか。自分自身の食生活を客観的に知ることによって、客観的に人に伝えられる説得力のある情報が出来るはず。

3.今後の具体的な計画がまとまった時に、相談に来てくれれば、より深く関わり協働ができる可能性もある。

4.今やっている事の100点と0点が何かを知る事が重要。物事には表と裏がある。100点と言う事はまずあり得ないので、自分のやろうとしているのが、何点ぐらいなのか、と言う想像力をもって、活動して欲しい。

5.講演会で赤峰さんに自由に話して貰うのも良いが、実行委員が地域に伝えたい事、赤峰さんがどの様にして、循環農法を軌道に乗せたのか?それを十勝で実践できる様にする為にはどうすれば良いか、等、今後の活動に繋がる話をして貰うように心がけると良い。

等のアドバイスを頂きました。

流石、関川先生、実行委員の今後の事について、具体的に踏み込んだアドバイスを頂く事が出来ました。

今後、実行委員会では、講演会当日の事ももちろんですが、それをきっかけとして、どの様に継続した仕組みを作っていくか、話し合う課題が見えてきたと思います。

No comment »

【速報】プレイベントのご報告

2009年1月17日に帯広百年記念館にて行われた、とかち晴れプロジェクト食と健康・農業フォーラムのプレイベント、食と健康と農業について共に育むワークショップの報告です。

当日は十勝の消費者や生産者が約30名の方が参加して下さいました。

ファシリテーターの丸山さんの絶妙な進行で、皆の心がほぐされ、自由な発言が出来る場が作られていきました。

ワークショップ風景
アイスブレイクを兼ねて旗揚げアンケートで、どの様な人が集まっているかを見てみました。

ワークショップ風景
アイスブレイクを兼ねて様々なお題で列を作り、自分が全体のどの様な位置にいるのか並んで見ました。

ワークショップ風景
食と健康と農業についてこだわっている事を、ブレーンストーミングしてから、これから未来に向かってどういう風にしていったら良いかKJ法で整理していきました。

記念撮影
様々な意見が出て来ました。講師から教えられるのでは無く自分たちで考えた食と健康と農業について。皆の心が通じ合い、気持ち良いワークショップが出来たと思います。

食と健康と農業について赤峰さんの講演内容を先取りする様なまとめ方をするグループもあり、皆の知恵の集結は凄い事だと関心を致しました。

KJ法の成果 緑の付箋が今こだわっている事、ピンクの付箋がこれからしていきたいこと。青の付箋がみんなで話し合って重要考えた事。

KJ法の成果 変換への勇気を持ちたいとまとめたグループ

KJ法の成果様々な観点から矛盾やバランスについて考えたグループ

KJ法の成果宇宙的な観点を中心に生き方や食べ方・生産方法を考えたグループ

KJ法の成果自分の畑にいたカエルを見た体験から、水の大切さや循環、信頼関係の大切さを考えたグループ

参加者の声

  • 地域で集まっても、文化・経済・職業・教育などの背景の違いによる多様性を感じる。その架け橋となるコミュニケーション方法の重要さを改めて認識した。どうも有難うございました。
  • ワークショップを知って良かった。
  • 進行がすばらしかったです。ありがとうございました。
  • 否定しない・議論しない事の大切さを改めて感じた。人の意見を聴く事はとても大切(いつも話しすぎてしまうので)と思った。とても楽しく連帯感を感じた。
  • 楽しかったし、勉強になった。ありがとうございました。
  • 価値観が近い人同士で楽しくすごせました。
  • いろいろな人とまた知り合えてよかったと思います。ワークショップ初体験で楽しかったです。
  • ありがとうございました。
参加者アンケート結果

No comment »